Profile
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
【送料無料】いきているってふしぎだね

【送料無料】いきているってふしぎだね
価格:735円(税込、送料別)

Search
Links
mobile
qrcode
現在の閲覧者数
アクセスカウンター
カラコン通販送料無料
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
松の木に待たれて

 

 
10年ほど前 枝が折れた松の木を 枯れてしまうような気がして 植木屋さんに預けた

ある日 様子を見に行ったら

折れていた左の小枝に 添え板あてて 包帯が巻かれていた

松の木が哀れに感じ その後 枯れたイメージが消えず

どこかで 木も鉢も 土になった感じがして

植木屋さんに 謝られるのが 申し訳ない気持ちもあり 訪ねて行けなくなった



あれから・・・約10年ほど年月が流れ 最近は 思い出すこともなく

植木屋さんの 顔も忘れてしまって居た



先日 軽トラックから降りて 松の盆栽を 左手にかかえて 玄関に植木屋さんが 居た

思わず 「松の木は 注文して居ません」 と言った

「10年ほど前に 預かった松の木です」 と言われて びっくり !!!

私は 「あまりの長い月日が経ち 枯れていると思い 申し訳なくて 行けなかった」

と 言ったら 植木屋さんは

・・・・・「預かったものは 絶対に 枯らしません」 と言われた


立派な松の木に成長し 大きな鉢に 植え替えられて 

木の姿や 根っこのこぶを見れば 確かに 10年前に 預けた松の木

主人の遺品の 松の木の盆栽の中で 仲間は枯れて 1本だけ 残った小さな松

よく見ると 立派に成長し 親指ぐらいの 松ぼっくりが 7個も 付いている



「預かったものは 絶対に 枯らしません」
 と言われた 言葉が 忘れられない


植木屋さんの 愛情と 願いのもと 育てられながら・・・

家に帰るのを 待ちながら 生き延びた松の木

根っこが しっかりしていれば 必ず育つ

私が嫁いで来てから 今年で 50年

松の木に 育つのを 「待っているから 待って居たんだから」・・・

と 言われて来ているような 気がした



人は皆 宇宙に浮かんで 宇宙に泳いで 「待っているから 待っているから」・・・と

願いを受けて 生かされて・・・生きている


長男が 「重たいなあ」と言って 床の間に 飾った

「重たいなあ」の中に たくさんの 願いを 重たく 感じた

 












  



posted by: よしいけ道 | 思いつれづれ | 05:55 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
すてきなお話

すてきな 植木屋さん

(*^_^*)
| あず | 2013/11/06 11:40 AM |
コメントありがとうございます

自分の 根っこを ありがとうで 育てて 

生きたいと 思います
| よしいけ道 | 2013/11/07 6:19 AM |
まったく

まったく!!!

私もそう生きていきたいです

(^O^)
| あず | 2013/11/07 3:01 PM |
ようこそ ありがとうございます

ありがとうと 素直になれた時

自分を ほめて 楽しんで歩みと 思います
| よしいけ道 | 2013/11/08 11:05 AM |









この記事のトラックバックURL
http://blog.miti48.com/trackback/118
トラックバック